診療方針

真摯に向き合う
歯科医療

治療しても歯を失ってしまう負のサイクルがあります

The Dental Cycle

歯の治療が終われば“治った”と考えていませんか?
一度治療した歯が再び悪化し、再治療を繰り返す― そんな経験はございませんか?
この図は、再治療を繰り返し、やがて歯を失ってしまうという、デンタルサイクルを表したものです。
失われた歯は二度と取り戻すことはできません。治療が終わったあと、どのようにご自分のお口を管理していくかで、その後の経過は大きく変わっていきます。

原因の解決

日々の生活習慣やセルフケア(お手入れの方法)は正しいのか?お口の中は正しいかみ合わせで機能しているのか?歯を悪くする原因を探し出し、解決します。

治療の質の向上

当院では、その場しのぎの治療は行いません。長期にわたって再治療を防ぎ、長持ちさせるためには、質の高い治療を実践する必要があります。

当院での治療の流れ

1

カウンセリング

初めてご来院いただいた方はどんな症状の場合でも、お口の中を拝見する前に個室カウンセリングルームでしっかりとお話を伺います。ご要望をお聞きし、正しい治療の選択肢を提示させていただきます。そうして双方が納得し、ご同意をいただいてから治療を開始いたします。

2

主訴の解決

歯が痛い、詰め物や被せものが取れた、外傷等の緊急性がある場合は、まずその問題を解決します。

3

精密検査

お困りの症状を解決したあとは、あらためてお口の中全体を詳細に検査し、現状を分析し、治療計画を立案します。

4

予防プログラム

その場限りの専門的なクリーニングは意味がありません。生涯を通じて、問題再発のリスクを最小とするような口腔衛生を維持するために、セルフケアや生活習慣改善など、健康な状態を維持するための専門的なプログラムを実践していただきます。

5

包括的治療

予防プログラムが実践できるようになった段階で、総合的な治療を開始します。
この治療は口腔内全体を包括的に捉え、計画的に行われます。

6

メインテナンス

治療が完了したあとは、その状態を維持し、予防的に管理することが重要です。定期的な検診を継続していただくことで病気を未然に防ぎ、永続的な歯の保存を目指します。

病気が進行してしまった歯は、最終的には抜歯となります。しかしこの最終手段に出る前に、歯を残すための治療として“歯内療法”があります。当院では質の高い歯内療法を追求しています。

歯内療法についてはこちら