お知らせ

2020年11月10日 火曜日
深夜のウェビナー。

ウェブ+セミナーで「ウェビナー」と言うそうです。
なんだか聞き慣れない言葉ですが、コロナによって多くの講演会がオンラインへ移行しています。
個人的には壇上でオーディエンスの反応を見ながら話す方が好きですが、時代の流れということでオンライン講演をさせて頂きました。
受講する側にとってはスキマ時間で学べる便利さがありますが、講演する側は運営もまだ手探りのところもあり今回の収録は色々と手間取って、月曜深夜の2時頃に収録をしています。

そんな苦労もありましたが、少しでも歯内療法のコンセプトが多くの先生に伝われば嬉しい限りです。

2020年10月23日 金曜日
静脈内鎮静法。

歯の治療って、なんだか痛いとか怖いというイメージがあると思います。

当院では静脈内鎮静法という方法を用いることで、快適に治療を受けていただくことが可能です。
これは意識レベルを下げることで、眠っている間に処置が終わるような感覚です。
血圧や脈拍などを把握しながら行うので持病などで全身管理が必要な場合にも有効です。

少しでも快適に安心して治療に臨んでいただけるよう配慮いたします。
お気軽にご相談ください。

2020年9月5日 土曜日
それって歯周病?

歯科医師向けの情報サイトWHITE CROSSの依頼を受けて症例報告を執筆いたしました。
https://www.whitecross.co.jp/articles/view/1746

歯の内部に細菌感染が起こると、「根尖性歯周炎」という病気を発症し歯を支える骨は失われていきます。
一見するとそれは歯周病(歯肉炎・歯周炎または歯槽膿漏)に見えることもあり、その場合の診断は非常に困難です。
この執筆ではそのような場合の治療戦略について、論文を引用して専門的に解説しています。

どのように病気が起こっているかを理解しないまま経験的、感覚的に治療介入することは無効どころか有害になることもあります。
我々歯科医師は、病態の正しい理解の上に臨床が成り立っていることを肝に命じておく必要があるのです。

<参考文献>
Simon JH.
The relationship of endodontic-periodontic lesions.
J Periodontol. 1972 Apr;43(4):202-8.

Rotstein I, Simon JHS. 
Diagnosis, prognosis, and decision-making in the treatment of combined periodontal-endodontic lesions. 
Periodontology 2004;34:165–203.

2020年8月29日 土曜日
9月18日(金)午後休診のお知らせ。

平日ですが、9月18日(金)は午後より出張のため午前中のみの診療となります。
ご了承ください。

2020年7月30日 木曜日
夏季休診のお知らせ。

8月13日から16日までは夏休みのため休診となります。
ご了承ください。

2020年6月30日 火曜日
エレベーター工事。

当院ビルのエレベーターが新しくなります。
8月11日と12日にご来院される方には、申し訳ございませんが終日工事のためご不便をおかけ致します。
たまには階段で運動するのも悪くありませんよ。

2020年5月24日 日曜日
土曜診療日(6~12月)

2020年後半の土曜診療日をお知らせ致します。
一部日程を変更しております。

6月6日
7月4日
8月1日
9月12日
10月10日
11月14日
12月5日

土曜日は月一回、午前中のみになります。
診療時間は9:00~13:00です。
よろしくお願い致します。

2020年4月13日 月曜日
診療制限について。

依然、新型コロナウイルスは世界中で猛威を振るっています。

現在、当院では患者と医療従事者双方を守る観点から、
当面の間、一日に診療させていただく人数を制限させていただいております。
こちらから緊急性がないと判断した方については予約日程の調整をさせていただきます。

ご来院される方に対してはできる限りの感染対策を講じます。
スタッフ一同、危険を承知の上で日々の診療に当たっております。
そして、これは貴方を守るための判断です。

何卒、ご理解ご協力のほどを宜しくお願い申し上げます。

2020年3月28日 土曜日
新型コロナウイルス対策。

新型コロナウイルスが世界中で蔓延している現在、当院へお越しいただく際の心配もお察し致します。
安心して治療を受けていただく前提として、当院の方針をお伝えしておきます。

歯科医院はもともと、飛沫や血液に曝露されやすい環境であるといえます。
当院では通常業務においても、standard precautions(スタンダード プレコーション)という考えに基づき感染対策を行なっています。
これは、「すべての人々が何らかの感染性を持っている」ということを前提にした感染対策です。
具体的には、患者ごとの手袋やエプロンの交換は言うまでもなく、使い捨て製品の使用、器具の滅菌などが挙げられます。

また、上記にとどまらず当院では診療環境の整備も重視しています。
当院の診療室は完全個室であり、強力な換気扇を備えています。
診療の合間には窓を開け換気も行なっています。
一度に複数の患者を慌ただしく診るのではなく、一人一人に余裕を持ったアポイント時間を設定し、アポイント間には各所の消毒と殺菌を行なっています。
そのため、当院では1日に診療できる人数は一般的な歯科医院と比べて圧倒的に少なく限られています。

これらの感染対策は今回のコロナウイルスに限ったことではありません。
清潔な衛生環境の維持は医療従事者と患者双方を守るために最も重要なことです。

しかし、それでも現在の新型コロナウイルスの広がりは収束の気配がありません。
皆様にもぜひ、以下のことをお願いしたいと存じます。

1.ご来院前に体調がすぐれない場合は必ずお電話ください。
2.3週間以内に海外渡航歴がある方は事前に必ずお電話ください。
3.指定された予約時間を厳守してください。
4.マスクの着用など咳エチケットを励行してください。
5.付き添いが必要な方は最小人数でお願いします。
6.髪が長い方はおまとめ下さい。場合によりこちらからお願いする事もあります。
7.診療室に入る前の手指消毒とうがいにご協力ください。

医療機関でも消毒剤や感染防護用品が不足傾向にあります。
共に感染対策を行い、この現状を乗り越えましょう。
ご協力のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

2020年3月13日 金曜日
クレジットカード払いについて。

当院では、クレジットカードによる決済がご利用可能です。
主要国際ブランドが全て使用できるようになりました。
どうぞご利用ください。